リノベーションで近未来的な室内|驚愕な我が家に仕上げる

切り紙の家

納得の価格で売却する

スーツの男性

任意売却しても残債が残ってしまう

住宅ローンを滞納してしまった結果、「期限利益の喪失通知」が届くと競売まであっという間です。すでに住宅ローンという分割払いの権利は、消滅していますので、その家に住み続けたい場合は、残債の一括払いをする以外に手立てがありません。それができないなら、やがては競売にかけられます。いつ売却されるともわからない家に住み続けるのは、精神的にも負担が大きいでしょうし、売却が決まれば容赦なく退去させられます。近所にも競売の事実がわかるでしょう。通常、この競売だけは避けようと任意売却を考える方が多いようです。任意売却は競売開始の前に、債権者の同意を得た上で住宅を売却します。競売ほど値崩れすることはなく、市場価格に近い値で取引されるでしょう。しかし売却代金で残債が全て支払えるとは限りません。不足する場合の方が多いようです。

ローンが苦しいのが数年だけなら

任意売却した後の生活をどうしたいとお考えでしょうか。子供の学校のことや、自分の職場のこともあるので、できれば今の自宅を離れたくないというのが本音でしょう。長い目でみて、住宅ローンの支払いが苦しいのが一時的な場合は、自宅をかわる必要がないのではないでしょうか。あと数年して子供が独立すれば教育費がかからなくなる場合などは、引っ越し費用や新居にかかる費用を考えると、もったいないように思います。そんな場合は任意売却のリースパックの利用を検討してみてはいかがでしょうか。リースパックとは、専門の業者に自宅を任意売却で買い取ってもらい、その業者から自宅を借りる方法です。ローンの代わりに業者に家賃を払うのです。いずれ資金面で余裕が出来れば、業者から自宅を買い戻すことも出来ます。これなら近所にも知られずにすみますし、転校や引っ越しなどに悩む必要もありません。